北区NPO・ボランティアぷらざ
このサイトの中を検索
施設案内 ぷらざ質問箱 ボランティア情報 催し・講座案内 助成情報 発行物
現在地:ホームボランティア情報>ボランティア保険・行事保険

ボランティア保険・行事保険(これから加入する方へ)

保険の必要性

あまり考えたくないことですが、ボランティア活動中になんらかの事故が起こる可能性は否定できません。また、ボランティア活動中の事故では何の補償も無いどころか、ボランティア側に過失があれば損害賠償を求められたり、訴訟の対象になる場合もあります。

原則的に、ボランティア活動は届け出や許認可の必要ない個人の自主的・主体的な活動ですので、その責任も個人が負うことになります。行政機関やボランティアセンターがその責任や賠償を肩代りするというシステムもありません。ですから、活動にともなうリスク(危険性)については、活動に関わる当事者同士で、事前に確認をしておくことが必要です。

ボランティア保険と行事保険

このように、ボランティア活動中の事故については、社会的にも道義的にも活動の当事者がその責任を負わなければならないことがありますが、保険を掛けることによって、損害や賠償の一部を金銭でまかなうことができます。保険には、ボランティア活動者本人が加入する「ボランティア保険」と、行事などの主催者が加入する「行事保険」の2種類の保険が用意されています。活動に際しては、活動の方法・内容等に応じて、いずれかの保険にご加入いただくことをお勧めします。

どちらの保険も北区NPO・ボランティアぷらざにパンフレット、申込用紙、振込用紙の一式を用意しています。パンフレットと同じ内容は東京都社会福祉協議会ホームページでもご覧いただけます。)。

ボランティア保険 活動者本人に掛ける『ボランティア保険』(年度掛け捨てで300円、500円、700円と天災プラン3種類)
行事保険 非営利の団体が行う行事の主催者が掛ける保険です。(掛け金は行事種類によって幅があります)。概ね、1週間前までにお手続きをしていただくよう、お願いいたします。

<ボランティア保険の加入手順>

1.ボランティア保険加入に必要な書類は以下の3点です。ボランティア保険加入申込書と保険料振込用紙は窓口に用意してございますので、
   事前にぷらざ事務局までお越し下さい。
   (1)ボランティア保険加入申込書
   (2)加入者名簿(6名以上が同時に申込みをされる場合のみ) 名簿の必要項目は、氏名、住所、電話番号、加入プランで同じものを3部ご用意ください。
   (3)振込証明書(保険料振込用紙の半券)

2.保険料を金融機関で振込をしてください。
    ・みずほ銀行窓口、郵便局窓口、郵便局ATMは手数料なし。ただし、窓口で配付している専用の振込用紙が必要です。
    ・みずほ銀行ATMは手数料がかかります。
    ・行事保険に関しては払込手数料は申込者にご負担いただきます。

3.申込書類(振込証明書と加入申込書)をぷらざ事務局へご提出ください。控えをお渡ししますので、保険期間が終了するまで必ず保管してください。

保険の詳しい問い合わせ先

その他、保険内容(対象、補償内容等)に関する、詳しいお問い合わせは下記の連絡先にお問い合わせください。

  <ボランティア保険、行事保険共通>
      引受代理店 : 有限会社 東京福祉企画(東京都社会福祉協議会指定保険代理店)
                TEL 03-3268-0910   FAX 03-3268-8832
                ホームページ http://www.tokyo-fk.com
    引受保険会社 : 幹事会社 三井住友海上火災保険株式会社 新宿支店 東京公務室
                TEL 03-3344-6910   FAX03-3344-6902
 

ボランティア保険・行事保険

『平成29年度ボランティア保険・行事保険』更新・変更について

現在ご加入いただいているボランティア保険は3月31日で補償期間が終了いたしました。 ※28年度の用紙は使用できませんので、ご注意ください。

詳しくは「北区NPO・ボランティアぷらざ」までお問い合わせください。

 

 

 ホームへ
 ボランティア情報へ
 このページの先頭へ

サイトマップ当サイトの使い方お問合せ先
2017年7月4日更新版
〒114-8503 東京都北区王子1-11-1北とぴあ 電話:03-5390-1771 交通案内
開館日時:火曜日〜土曜日(10時〜21時)、日曜日(10時〜17時) 開館日程
Copyright - c東京都北区NPO・ボランティアぷらざ 2003- All Rights Reserved. 著作権情報等